2010年03月24日

コシ社詐欺事件 社長に懲役4年 (産経新聞)

 三井住友銀行の融資をめぐり、決算書を偽造して計5億5千万円をだまし取ったとして、詐欺罪に問われた不動産会社「コシ・トラスト」(東京都渋谷区)社長、中林明久被告(41)の判決公判が16日、東京地裁で開かれた。朝山芳史裁判長は中林被告に懲役4年(求刑懲役7年)を言い渡した。

 また共犯とされた元社員、斎藤貴嗣被告(46)は懲役2年6月、執行猶予4年(求刑懲役3年)とした。

 朝山裁判長は中林被告について「詐取金のうち4億円以上を取得している」と指摘。「犯行の中心的役割を果たし刑事責任は重い」と断じた。一方、斎藤被告は「従属的だった」として執行猶予とした。

 また詐取金4億5千万円については同行の元行員、堀真文被告(44)=同罪などで起訴=との共謀を認定した。

【関連記事】
レタスカード元社長ら起訴 架空債権譲渡で36億円詐欺 京都地検
フィッシング対策協議会、詐欺サイトURLを見抜く学習ゲーム
「過去に自分も被害…」プレステ3の代金詐取男を逮捕
架空名義で1億4千万円の融資引き出し 琉球銀行員
偶然デジカメ届く? 振り込め詐欺で130万円被害
20年後、日本はありますか?

センバツ 向陽…伝統の左腕擁した古豪 OB前に堂々復活(毎日新聞)
日本人ツアー客食中毒?独で急きょ離陸中止(読売新聞)
原発賛成2氏人事案に署名?棄権?揺れる社民(読売新聞)
電線撤去中に電柱倒れる=作業員の男性死亡−東京・青梅(時事通信)
公取委の審決取り消し=大成建設などへの課徴金命令−多摩地区談合・東京高裁(時事通信)
posted by ウスイ ヒデキ at 01:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。